創るヒト

木の使い方への、腕と頭の使い方。
使うために植えた木なのだから、使いましょう。
身近にある木を、地元のためにも役立てましょう。
そうは言っても、言っているだけでは、なかなか利活用の輪は広がりません。
何を創る、どう作る。さまざまな発想と工夫も必要です。

それぞれの想いとやり方で、
頭と腕をフル回転させる3人の方をご紹介しましょう。